デザイナーズ家具

デザイナーズ家具とは?

家具昨今のデザイナーズ家具のブーム。一般の家具との違いをご存知でしょうか?現在、日本では、非常に多くの家具が販売されており、デザイナーズ家具を見る機会も多くなりました。

デザイナーズ家具とは、それらの中でも、特に、高いデザイン性と充実した機能性、これらを兼ね備えた家具の事を指し示すものです。これらデザイン性と機能性を兼ね備えるという事は、当然、時代を越え多くの人に好まれたものとなります。

現代においても、デザイナーズ家具の人気が衰えないのは、そういった理由です。デザイナーズ家具には、高いものは、数百万円するものもあります。人気のデザイナーが手をかけたものは、注目度も高まり、多くの人達からのニーズがあるため、価格も高騰するのです。

デザイナーズ家具を暮らしに取り入れる事で、あなたのための空間が非日常的に演出される喜びは、他のどんなものにも勝ります。このサイトをご覧いただいて、それを感じ取って頂ければ幸いです。

 

デザイナーズ家具を通販で

デザイナーズ家具を自分の部屋に配置してみる。ただの普通の家具やインテリア雑貨ではつまらない。自分だけの特別な空間を演出したい。

そんな希望を持っているなら、アウトレット家具や激安家具といった値段だけで決める家具でない、本当にあなたがくつろげて、質の高い時間を過ごすことができる家具を選ぶべき。部屋全体をデザイナーズ家具で統一したら、そんな素敵な空間が創出することでができるでしょう。

でも、仮に予算的にそれが難しくても、部屋の一部にとっておきのデザイン家具を置くという方法もあります。素敵なデザイン家具が部屋にひとつ置いてあるだけで、部屋の雰囲気の違いに気が付くはず。そして、きっとあなた好みの空間が作れるかと思います。

リビングルーム(居間)に置くソファやテーブル、キャビネット(収納家具)。書斎の椅子(チェア)やデスク。寝室のベッドといった寝具。また部屋の照明ライトや壁にかける時計ひとつにしても、お洒落なインテリアがひとつ加わるだけでも、あなたが心から愛せる部屋を演出することが可能です。

 

デザイナーズ家具のいろいろ

デザイナーズ家具といっても選び方はいろいろとあります。まずは、家具の種類として何を選ぶかということ。ソファ、椅子、テーブル、ライト、テーブル、ベッドなど、家具としてどのアイテムを選ぶかということがあります。

それと、どのデザイナーにするかということ。デザイナーズ家具の場合、設計者であるデザイナーは、1800年代から1900年代中盤に活躍した建築家等が主となります。

ただ中には現代に活躍する建築家・デザイナーの設計した家具もデザイナーズ家具として人気があるものもあります。有名な人物としては、 1887-1965に活躍したスイス人のル・コルビジェが挙げられます。

LCシリーズと呼ばれるコルビジェの家具シリーズは、デザイナーズ家具の中でも非常に人気です。また、イームズ(チャールズ・イームズ&レイ・イームズ)によるモダンデザインの椅子。建築からグラフィックデザイン、プロダクトデザインなど多岐にわたる才能を発揮したジョージ・ネルソンなども有名です。

バルセロナチェアがあまりにも有名なドイツのミース・ファン・デル・ローエ。ヨーゼフ・ホフマンのクーブス ソファは、芸術性を残しつつ、生産性も視野にいれたとして有名でもあります。これら以外にもデザイン家具を手掛けた数々のデザイナー達がいます。

家具のデザインのユニークさや美しさはもちろんのこと、彼らのデザインに掛けた想いや情熱、感性、才能を知ることにより、さらにデザイナーズ家具の魅力も深まるかとも思います。

 

ソファは

ソファでは、ル・コルビジェ(ル・コルビュジェ)のL2ソファやL3ソファが非常に人気です。特にLC2が一番人気といって良いでしょう。近代建築の三大巨匠のひとりル・コルビジェのデザインした家具は、現在は意匠権が切れているため、オリジナル製品以外にもリプロダクト製品(ジェネリック製品)が多くのメーカーで製作されています。もちろんオリジナルに勝るものはないでしょうが、私たちの手に届くリプロダクト製品は、現実的に魅力的と言えるでしょう。